2017年07月12日

「昼顔」中国で異常人気の理由

 上戸彩さんと斎藤工さんが主演する、禁断の愛の物語「昼顔」。実は中国でもとても人気があります。日本ではドラマの続編にあたる映画の公開が始まっていますが、このほど開かれた上海国際映画祭に、上戸さんらが出席。中国人記者がキャスティングについて尋ねると、西谷弘監督からは意外な答えがかえってきました。「上戸彩さんには最初、あっさり断られました……」。監督が思わず漏らした秘話、そして、そもそも何でそんなに人気なの?

 6月17日に開幕したアジア最大級の映画祭である中国・上海国際映画祭。26日までの10日間で、約500作品が市内の映画館で上映され、35万人の映画ファンが世界中の映画を楽しみました。

 今年で20回目の開催ですが、上海の風物詩としてすっかり定着しました。

 上海国際映画祭では、12年前から「日本映画週間」も設けられ、最新の日本映画が紹介されます。

 日中間が政治的に難しい時期も途切れることなく続きました。「文化交流こそ止めてはならない」という日中主催者の思いがあったからです。
中国中央テレビが「注目は日本映画」
 近年の中国では、日本映画ブームが再び巻き起こっています。

 公開作品数はしばらく年間数本という状況が続いていましたが、2016年は11本が公開されました。

 とりわけ「君の名は。」は1億人以上が鑑賞し、中国で公開された日本映画の最高興行収入を記録する大ヒットとなりました。

 今回の上海国際映画祭を伝える中国中央テレビ(CCTV)のニュースでも、「注目は日本映画」と紹介されたほどです。

 さて、そんな「日本映画週間」には今年、8作品が集まりました。

 浅野忠信さん、田中麗奈さん主演で8月日本公開予定の「幼な子われらに生まれ」(三島有紀子監督)や、三姉妹の成長と母親の絆の描いた「カノン」(雑賀俊朗監督)など実力作がそろいました。  


Posted by こころ at 11:28Comments(0)

2017年06月27日

不安や苦しい気持ちも増えていく


 相手に心を開いてもらうには、まず自分が心を開くことです。彼の得意なことを聞き出し、そこにポイントを絞って聞き上手になるのもかいです。誰かを好きになると、ドキドキしたり楽しい気持ちがある一方で、それに比例して、不安や苦しい気持ちも増えていく。

 その男性に好きという感情だけぶつけたいと思っているのに、嫉妬や怒りの感情までぶつけて自己様悪。そういう経験、あなたにもあるはずです。人を愛する苦しみ、痛みをつきつめていくと、結局、相手のすべてを欲しがる心に行きつきます。

  


Posted by こころ at 11:44Comments(0)

2017年06月12日

このくらいの寒さで風邪を引く恐れはない

しかし、雲り空で風が強いので、ちょっと肌寒さを感じる。飲めば温かくなるだろうと思って飲むが、アルコールの効果もあまり出てこない。風が強いうえにタ方に近づいていくので、逆に寒くなる。しかし、お互いに弧り切っているので、このくらいの寒さで風邪を引く恐れはない。

頑俄ってみようと、やせ我慢をする。そのうちに、ますます風が強くなり、軽いつまみは吹っとんでしまう。冷たいピールを飲みながら、寒さと風に対する戦いを続けるが、ついに場所を変えようということになる。

  


Posted by こころ at 15:06Comments(0)

2017年05月26日

北朝鮮で「ガソリン買い占め」拡散

北朝鮮当局は先月19日から、首都・平壌でガソリン販売の制限を始めたとAP通信が伝えている。これは、中国が北朝鮮の対する圧力の一環として、原油輸出を止める可能性を踏まえた措置と思われる。

これにより燃料価格が高騰しているとの情報も伝えられる中、一部の商人らによる燃料の買い占めが連鎖的に広がっている様子も伝わってきた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によれば、現地ではガソリンやディーゼル油の買い占めが起きているという。

高値で売り抜けて利ザヤを稼ごうとの思惑からと思われるが、同時に、間もなくイカ漁のシーズンが始まるという事情もある。

北朝鮮の東海岸では、6月中旬から10月まで「イカ釣り戦闘」が大々的に行われ、各地から出稼ぎの労働者や商人が集まり、大賑わいとなる。

(参考記事:北朝鮮でゴールドラッシュならぬ「イカラッシュ」…漁村はてんやわんやの大騒ぎ)

しかし、いくらイカの群れがやって来ても、沖まで出る船を動かせなければ、何の意味もない。1年の収入のほとんどをイカ漁とハタハタ漁に頼っている漁師の間では不安が高まっている。燃料が確保できず出漁回数を減らせば、その分収入が減るからだ。

国営の水産事業所としても、漁獲の減少は経済的にも政治的にも打撃だ。そこで事業所は「トンジュ(金主)」と呼ばれる新興富裕層と結託し、国の貯蔵施設にあるディーゼル油の買い占めに走っている。トンジュは、江原道(カンウォンド)の文川(ムンチョン)などにある貯蔵施設を回り、1人あたり30~40トンのディーゼル油を購入。それを水産事業所に納入しているという。

事業所がトンジュと結託するのは、燃料の買い占めが、国家の計画経済から逸脱する行為と見なされるからだと思われる。計画経済は実質的には破たんしているのだが、たとえタテマエであっても、行政機関同士の歩調は合わせなければならないのだろう。

しかし、お上がこんな具合とあって、買い占めは民間にも拡散。8~12馬力の小型漁船を持つ個人の船主らも、燃料確保にわれ先に乗り出しているという。 もっとも、中国が北朝鮮への原油の供給を止めるかどうかは、今もって未知数だ。新たな核実験が行われて情勢が極度に悪化しても、果たして全面ストップまでいくかどうか。

それでも、米中首脳間などで交わされた対北朝鮮制裁をめぐるやり取りが、このように北朝鮮経済に心理的圧力として作用しているというわけだ

ちなみに自動車用のガソリン価格については、値上がりの影響が限定的であることを示す情報も聞こえてくる。

先週末に中国にやって来た咸鏡南道(ハムギョンナムド)の住民は、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に対し、咸興(ハムン)から中朝国境に面した両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)までワンボックスカーのタクシーで移動したら、運賃は100元(約1640円)で以前と変わらなかったという。

いずれにせよ、情勢の影響で不安がいっそう拡大するようなら、北朝鮮国民の金正恩体制に対する不信が強まる可能性がある。  


Posted by こころ at 11:51Comments(0)